あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【ダイエット】食べたら痩せる?食事でもエネルギーを消費する食事誘発性熱産性とは

こんにちは、世界

 

みなさんこんばんは、あるく(@arc_imaiki)です。

はじめましての方も、またお越しの方もいらっしゃいませ。

楽しんでいただけたら、嬉しいです。

 

ダイエットをこれからはじめようと思っている方、今頑張ってるよーって方、たくさんいらっしゃると思います。(い、、いますよね?)

みなさんどんなダイエット方法を考えていますか?

食事の回数を減らして~とか、食べるのを止めて~って考えている方もいるんじゃないでしょうか?

 

今日は、食べたら痩せるの??食事誘発性熱産性って何?について

 

1日の消費カロリーの割合

 

1日過ごしていて使う消費カロリーの割合

 

1.基礎代謝 60~70%

2.生活活動代謝  20~30%

3.食事誘発性熱産性 10%

 

基礎代謝:何もしなくても消費するエネルギー(1日中寝てても消費します)

生活活動代謝:起きてる間に、歩いたり、動いたり、活動することで消費するエネルギー)

食事誘発性熱産性:食事をすることで、消費するエネルギー

 

上のような割合でカロリーを消費しています。

1日の消費カロリーの10%、1割を食事をすることで使うことで消費している、、

食事の回数を減らしたり、食べずに過ごして、この10%を使わないのもったいなくないですか?

健康的に痩せたいとか、生活習慣を変えたいって思っている人は、適量の食事をとって、上手く食事誘発性熱産性を活用してみてはいかがでしょうか?

 

食事でカロリーを消費する仕組み

 

食事誘発性熱産性って何なの?

食事をすると、体内にとりこまれた栄養をエネルギーに代えるため、消化器官が一生懸命活動します。

このとき、食べものを消化するためにエネルギーを消費して、体温が若干あがります。

この反応を食事誘発性熱産性っていいます。

 

食べる→分解→代謝

 

食べものを食べて、それを分解するときに、消化器官が活動して熱が上がって、熱が上がることによる熱代謝でエネルギーを消費します。

 

食べることで、体に必要な栄養を取り入れ、同時に消化することでエネルギーを消費しています。

 

せっかくのこの消費活動、上手く活用していけたらいいなって思いますよね。

 

ボディビルダーが食事の回数を増やす理由

 

肉体改造、ボディメイクのスペシャリストっていえば、ボディビルダーの方々だってあるくは思っています。

みなさんきれいに筋肉をつけて、カットも出して恰好いいですよね。

 

そんなボディービルダーさんの食事は、実は食事の回数が多いって言われています。

5~7回の食事をとってる方もいるそうです。(プロテインのみを含む)

 

これは1回の食事で摂取できる栄養素(目的としてはたんぱく質)に上限があるといわれていること、余分な脂肪や栄養を取り込まないように、上手く食事誘発性熱産性の効果を活用して、効率よく体を作るためだと思っています。

 

こうした肉体改造やボディメイクをしている人たちは、運動以上に食事に気を使っている方が多いです。

 

その中で、栄養を無駄なく、無理なく、効率よく体に取り入れる方法として、食事回数を増やしているって部分は、それだけ食事をとるということが、体にとって大切だってことを示している、そう思っています。

 

食事の回数を減らしたり、断食したりする生活をずっと続けていくことは容易ではありません。

 

食事を上手く取り入れながら、なりたい体になって過ごしていくためにも、食べながら痩せる、痩せてから維持しやすい食事を考えてみていかがでしょうか?

 

まとめ

 

食事をとる、食べるって行為は、実は1日の消費カロリーの10%もエネルギーを使う、人が活動するのに大切なことなんです。

 

食べることで、栄養を取り入れながら、同時に消化するためにエネルギーを消費している、取り入れることと、消費することの両方をしてるって思うと、食べることって生きる上でとても大事な事なんだなって思います。

 

あるくはダイエットは、痩せたい、なりたい体を目指して、その体を作って維持していくための生活習慣に変えていくことだって思っています。

 

痩せて終わりだと、また戻ってしまって、またダイエットしてっていう繰り返しになっちゃいます。何度もしていると心身ともに疲れてしますので、上手く食事をとりながら、自分のなりたい体にあった生活へ変えていく。

 

そんなダイエットに興味を持って貰えたらいいなって思っています。

 

あるくも胸の厚みほし~っ!、下腹のお肉いらな~いっ!と思いながら日々食事も考えながらとっています。

ダイエットしてる方も、ボディメイクしてる方も、これからダイエットをはじめる方も、なりたい体を目指して楽しんでいきましょうっ!