あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【ダイエット】が続くようになる、たった1つの方法

今日もネットの世界にこんにちは

 

みなさんこんばんは、あるくです。

 

あるくは数年前に約40kgのダイエットを行いました。

現在も運動する習慣、食事の習慣、生活する習慣はダイエットしてた頃とほとんど変わってなくて、今振り返ると、ダイエットを通して暮らし方を変えてたんだなって思います。

 

でも中には、ダイエットが続かない、やるんだけどすぐ止まっちゃう、そういう方もいるんじゃないでしょうか?

 

今日は、そんな方達にダイエットが継続しやすくなるたった1つのこと、について書きます。

 

 

 

ダイエットが続かない理由

 

ダイエットが続かなくなる理由は、

完璧を目指しすぎている

過度な食事制限をしている

最近、変化がない

ちょっと食べすぎると、もういいやって思ってしまう

仕事や生活に変化があって出来なくなる

 

他にもあると思いますが、思いつくものを上げてみたら、こんな感じです。

 

理由は様々ですが、何かがきっかけでダイエットの優先順位が下がる、またはダイエットに向き合わなくなってしまうことが原因だと思います。

 

これを防ぐのに、おすすめの方法があります。

色んなやめる理由に対して、効果があるのではないかと、あるくは思ってます。

 

記録をつける

それは、毎日記録をつけること、です。

毎日決まった時間に体重計にのって、体重を測り、それを記録し続けることです。

 

あるくは、1日2回の測定をしていますが、2回しなくても、1回でも効果があるって思ってます。

 

朝、起きてすぐの時間、夜寝る前の時間が比較的のりやすくて続けやすいと思います。

 

体重を測り記録することのメリット

思いつくメリット

 

記録を続けることで継続してることが出来る

(体重計にのること、記録すること、で2つの継続)

食事制限での変化を数値で確認できる

(減少する量やペースをみながら、無理、無茶じゃない減量スピードを探せる)

たまに食べすぎても記録があるので、また頑張ろうって思える

(記録がやめることを思い留まらせてくれる)

変化がなかった場合に長期での変化を比較できる

(2〜3日変わらなくても、週単位、月単位での比較が出来るようになるため、変に焦らなくなる)

 

1つは体重計にのっていることで、忙しくて運動出来なかったり、用があって思うような食事が出来なくても、何もしなかったという日がなくなります。

ダイエットを続けてるって意識しやすいです。

 

もう1つは記録を取り続けることで、自分の変化を見比べたり、見直したりすることが出来るようになります。

 

ネットで調べれば沢山の情報が出てきますが、自分と全く同じデータはありません。

でも、記録されたデータは自分だけのデータです。

見比べるにも、見直すにもこれ以上ない情報がそこにあります。

 

長期間になればなるほど、蓄積された数値、経験したことが増えていって、最近変化がない、とか、食べすぎた、とかいったことが起きても焦らずに対処出来るようになります。

 

記録を振り返る

週単位、月単位で記録を振り返ると、少なからず変化がみてとれます。

日々の中ではあまり変わってないようにみえても、長い期間で見比べてみると、ちゃんと変わっていることが分かります。

 

この変化を見れるようになると、ちゃんと進んでるって思えて、自信がついてきめす。

 

自信がついてくると、続けていくことに迷いがなくなっていって、楽しくなってきます

そうなると、ダイエットは目標達成まで途切れることなく続けられると思います。

 

進歩をみるため、自信をつけるため、楽しくダイエットするためにも、たまに記録を振り返るってことは大事なことだと思います。

 

まとめ

今回はダイエットが続くようになる、たった1つの方法を書きました。

 

あるくは今も、体重、その日食べたもの、行なった運動を記録にとっています。

 

連休で休んでも、仕事の都合で予定通りいかないことがあっても、好きな食べもの出てきて食べすぎちゃっも、続けられてる理由の1つに、記録しているってことがあります。

 

いつも、食事のこと、運動のことばかり書いていますが、なんで続けてこれたんだろう?とふと思い、この記事を書きました。

 

記録も取りはじめは、効果が薄いかもしれませんが、続けていくと何かあったとき、きっと支えの1つになってくれます。

 

体重計にのるだけ、記録を書くだけ、手間はほとんどかかりません。

 

これからはじめる方も、今頑張ってる方も、ちょっと悩んでる方も取り入れてみてはいかがでしょう?

 

どなたかの参考になったら、嬉しいです。

 

もし購入されるようなら脂肪や筋肉の量も分かる体組成計がおすすめです。

 

その日の消費カロリーや歩数が分かる活動量計もおすすめです。