あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【生き方】まず事実だけを見る、自分フィルターを外す

こんにちは、世界(←ネット社会への挨拶です)

 

みなさんこんばんは、あるく(@arc_imaiki)です。

 

以前に「【貯金】お金は思いを乗せて人へ集まる、保険対応で感じたこと」を書いていたとき、記事を書きながら、昔にあった車の接触事故のことを思い出していました。

 

当時、新車を購入したばかりで、駐車場に止めて、その場を離れていたときに、相手の車にぶつけられたのですが、気持ち的には、

「買ったばかりの車なんだから、新車を買って返してっ!」

って思ったのですが、実際には過去の事例やデータの統計などを照らし合わせて、たんたんと冷静に判断されて解決していきます。

 

気持ちや感情を除いて物事をみると、あるのって事実だけだなーと改めて思ったので、今日は事実をみる、について書きます。

 

 

自分フィルターを通すと事実は歪む

 

物事の事実って単純だと思いませんか?

 

朝、起きた

仕事した

帰宅後、運動した

本を読んだ

眠りについた

 

大分、大雑把ですが、1日の行動も事実だけでみるとシンプルです。

 

ここに自分を通して、気持ちや感情を入れると、

 

朝起きたけどまだ眠かった、気怠いけど今日も仕事だし起きないと、面倒だけどしょうがない、あ、でも今日は夜○○と会うんだった、それは楽しみ。あ、支度しなきゃ

 

てな具合に、ものすごく乱雑で複雑な出来事に感じてしまいます

ちょっと乱雑すぎな例えな気もしますが、自分を通して考えると色々なことが足されていって、物事が複雑になります。

 

でも、自分のフィルターを通して、そこに気持ちや感情を乗せて物事をみたり、判断したりすることが日常のほとんどですよね?

 

自分の出来事にフィルターを通すだけでも、色々なことを考えますが、これが自分の外側へ向くとさらに様々な要素が入ってきます。

 

例えば、自分でもいいなって思うような出来事が事実だったとしても、

自分の嫌いな人がしていたら

「周りに良く思われたいからって、愛想振りまいて調子のいいことばかりして〜」

と思ってみたり、同じことを自分の好きな人がしていたら、

「周りに気配りが出来て、やっぱりいい人〜」と思ったりと全く違う反応をします。

 

自分フィルターを通して、そこに気持ちや感情を乗せて物事をみると、余分なものが多くなって、実際みるべきものがボヤけたり、歪んだりしてしまいます。

 

まず事実だけをみる

例えば町でゴミを拾っている知らない人がいたとしたら、「えらいな」って思うと思います。

自分も今度してみようかなって思うかもしれません。

 

これが町でなく、職場だったりすると、すぐに(誰がしてた?)って思いがよぎります。

 

でも、町で拾っていた人と同じように、まずは事実だけをみて、ゴミを拾っている人がいた。

知ってる人、知らない人は考えないで、素直に

「えらいな」って思う。

 

その気持ちを受け止めてから、誰が?って視点に持っていくと、拾っていた人が自分の嫌いだった人だったとしても

「○○さんて、いつも口が悪くて態度も横暴で乱暴な人って思っていたけどゴミ拾ったりするんだ〜」

という風にいつもと違う印象を持つかもしれません。もし思わなかったとしても、「ゴミが落ちてたら拾おうかな」って、起こった事実にたいして感じた気持ちは、素直に受け取って活かすことが出来ます。

 

自分フィルターを通す前に事実をみることで、あらゆる出来事から素直に感じた気持ちを受け取って活かすことが出来るようになります。

 

もし、好印象を持っていた人がゴミをポイ捨てしていたとして、フィルターを通さずにまず事実をみると、

「ゴミを捨ててる人がいた、自分はゴミを捨てないようにしよう」

と思って事実を活かすことが出来ます。

 

先に自分フィルターを通しちゃうと

「えっ!?○○さんゴミ捨ててるっ!?そんなことするような人じゃないと思ってたのに、何かがっかり!」

といった具合に、事実は見えなくなって、○○さんへの見方が悪くなっただけで、事実から何も学ぶことは出来ません。

 

自分フィルターを通すと、いい人、悪い人、とか、好きな人、嫌いな人って具合に分別してしまいます。そこにさらに気持ちや感情を乗せて物事を捉えるので、事実は歪んだり、霞んでしまったり、場合によったは見えなくなったりしてしまいます。

 

自分が嫌いと思う人でも、別の人から見たらその人が好きだという人もいます。完璧に悪い人も完璧にいい人も存在しません。

分別の仕方で良いにも悪いにも、好きにも嫌いにもなるんです。

 

だからまずフィルターを外して、

 

事実だけをみる

 

そういった視点を持つといつもと違う捉え方が出来るのかなって思っています。

 

まとめ

気持ちや感情が入り乱れると、判断に迷ったり、感情に流されて思っていることと違うことを言ってしまったり、思ってないことを決めてしまったりすることがあります。

まず事実をみて、それをみて感じたり、思った気持ちを受け止めて、それから考えることで、いつもと違った物事の捉え方ができるようになって気持ちや感情に流されることなく、自分らしい判断ができるようになるのでは、と思っています。

 

まずは事実をみる

 

そんなものの見方を意識していたい、そう思っています。

 

あわせてご覧ください