あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【生き方】気持ちのちがい、心と感情の違い

こんにちは、世界。

みなさんこんにちは、あるくです。

 

わたしは時間があると、
ぼーっと何かについて考え事をすることがあります。
その時間もわりと気に入っていて、
たまにちょっとした気づきを思いつくことがあるのですが、
今日はそんなことの1つについて

 

 

気持ちって

 

毎朝、起きてからお休みするまで、
何かを見る、触る、動く、何かしらの行動を起こすたびに、
それをどう感じた、とか、どんな気持ちになったかって、
気持ちが反応しながら過ごしていると思います。
意識してるか無意識かは別として、
常に何かしらの気持ちを通して生きている、
そんな風に思っています。

でも、色々ある気持ちの中に、
感じ方や伝わり方の違うものがあるような気がしていました。
今日はそんな事について思ったまま書いてみます。

 

感情

 

何かの物事を頭(理性とか思考)を通して感じる気持ち

どんな言葉で表現したらいいか迷うのですが、
感情って言葉が腑に落ちるように感じるので、感情って言葉にします。
例えば、海を見て「ああ、海がきれい」とか、
水に触れて、「ああ、水が冷たい」とか、
花を見て、「今日は紫陽花がとてもきれい」とかそんな気持ち。

 

思考や認識、経験や言葉を通って、感じる気持ち
普段生活してて感じる気持ちって、
ほとんど感情の気持ちが多いと思うんです。

 

 

言葉や感情よりさきにくる気持ち

心はさらにどう表現したら伝わるのか悩むのですが、
心って言葉がしっくりくると思うので心って呼びます。
例えば、トンネルを抜けて、視界いっぱいに
海がぱぁーって広がってみえた”瞬間”に思う、「きれい」って気持ち
海がきれいって感じる前に感じるただ「きれい」、
認識とか判断、言葉よりも先に瞬間的にわく気持ち。

こっちの気持ちって、出てても気づきにくくて、
出ても次の瞬間には、感情に上書きさちゃう事も
多々あるように思います。

でも、心で感じた気持ちっていつまでたっても色褪せない、
とっても大事な気持ちだなーと。

経験した事はないけど、
異国の人と言葉は通じないけど気持ちは伝わったって
表現がありますよね?あれも心の反応なのかなー、なんて思います。

国や地域を越えて、赤ちゃんから老人まで、
年齢も越えて共通に感じることができる、そんな気持ち。

 

心の気持ちを大事にしたい

 

心の気持ちって何か本質的な気持ちを表してる気がして、
心の反応をすごく大事にしたいなーと思っています。

もちろん生活している中では、
ほとんど頭を通った感情が出ることが多いんですが、
それを「あ、これは頭の反応だ」って俯瞰して感じるというか、
そんな風に過ごせたら、
より”自分らしく”暮らせるような、そんな気がするんです。

そして心の気持ちが出たときは、
その気持ちを大事にしてちゃんと心が反応したって感じる、
それを積み重ねていくと、自分に正直に生きていけるような気がするんです。

 

 

心の気持ちを大事にして、真っすぐに生きたい

 

 

そんな事を思いました。