あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

後悔の形、戻れない後悔と踏み出せる後悔【生き方】

こんにちは、世界

 

みなさん、こんばんは

あるくです

 

はじめての方も、またお越しくださった方もいらっしゃいませ、ありがとうございます

 

読んだあとにちょっとでも、何かしらの気持ちが残るような、そんな記事がお届けできたらと思っています

 

今日は後悔の形について書きます

目次

 

 

やらずに心に残る後悔

やりたいことがあったけど、周りに反対されてするのを止めた

やってみたいって思ったけど、自分には無理だからとやらずにやめた

 

そんな時の悔い、後悔の気持ちっていつまでも残りますよね

別のことでうまくいったとしても、あの時やっていれば、また違っていたかもしれない

あの時やっていたら、今とは変わっていたかもしれない

そんな思いを持ち続けるんじゃないかなって思います

 

やらずに心に残る後悔っていつまでも残り続ける、そんな風に感じています

 

失敗して思う後悔

やってしまったー!!

うわっ!もうダメっ!

あぁ、終わった、、、

 

そんな失敗をしたことってありますよね、ときに世界が終わったと思えるような、絶対立ち直れないって思う失敗もあります

 

でも、こういった失敗して思う後悔って、時間が経つと経験として、糧として、自分を成長させる役に立ってるように思うんです

あの時失敗したーって気持ちはあるけど、それを越えて進んでる、あの失敗があったから、今こうしている、みたいな

失敗を通して越えていくことで、後悔の念は浅くなっていったり、消えたりするように感じます

 

戻れない後悔と踏み出せる後悔

2つの後悔が決定的に違うのは、やったか、やらなかったかの違い

 

でも、やらずに残る後悔は、やってないからこそ、やっていたら違ったんじゃないか?、あの時に戻ってやってみたい、そんな思い出補正がついたような、代え難い気持ちになって、いつまでも胸に残ります

後からでも出来ることもありますが、過去に戻って行うことは出来ません

 

やって思う後悔は、些細なことから、ときには絶望しちゃうほどの後悔まで、様々ですが、やった経験はいずれ血肉となって自分を成長させます

 

言葉にしたら、どちらも後悔なんですが、中身は全く別ですよね

 

やってみなきゃ分からないことって、本当に多いと思います

 

やり方や方法、経験した人の話なんかは、聞いたり調べたりして、知識として得ることは簡単に出来ますが、自分でやってみないとその先は分かりません

 

やらずに心に残すよりは、やってみて、その先を自分でみてみたいって思いませんか?

 

やってみて思った後悔は、さらにそこから踏み出すことが出来ます

同じことを別の向きからアプローチすることも、全く違うことに新しくチャレンジしていくことも出来ます

 

どんな風に進んでも、やって思う後悔は、そこから一歩進んで、踏み出すことが出来ます

 

後悔するなら、そんな踏み出せる後悔の仕方がいいなーと思っています

 

まとめ

やってみないと分からない、そんな事がほとんどだと思います

身を持って経験していくことで、それを知ることが出来ます

やってみても後悔することも多々ありますが、でもやった経験を通じてまた次の行動ができます

 

やらずに心に残った後悔は、何をしても、別のことで上手くいっても、いつまでも悔いとして残り続けます

 

ずっと心に後悔を残しておくのは、とてもツラいので、やってみて成功したり、失敗したりしながら成長していきたい

 

そう思っています