あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

色を消し、色を生む。目にとまった武田伊久子さんの言葉で感じたこと【生き方】

今日もネットの世界にこんにちは。

こちらの世界にも毎日来ていますが、ここでも少しずつでも成長していきたいなって思ってます。

 

みなさんこんばんは、あるくです。

 

ふと、目にとまった言葉

 

「色を消し、色を生む」

 

いい言葉だな〜って思って調べてみたら、

京都の花街のお茶屋の女将、伊久子さんという方の言葉で花街の極意をさした言葉でした。

 

色とは偏った考えや、固定観念、自我や思い込みのこと

色とは個性ではない、人としての個性は後で役立てる

 

色を消してサービスの幅を広げ、お客様の持っている色、望んでいる色を感じとり、そこに自分の色を足して、いい色を生み出す

 

それが、おもてなし

 

番組をみていないので、間違っているかもしれませんが、調べてみてこんなことを感じました。

 

「色を消し、色を生む」って、すごくシンプルで素敵な言葉で、ものすごく惹かれたので、今日はそのことを書きます。

目次です

 

 

色を消すことは、個性を消すことじゃない

自分のこれまで培ってきた経験や体験、これまでを通して体に染みついた習慣や考え方など、先入観や、予測といったことを消して、素直に相手をみること。

これが色を消すってことだと思います。

 

あるくは、自分フィルターを外すとか、自分の色眼鏡を外してみる、といった言葉を使って表現していましたが、「色を消す」って表し方は、とってもシンプルで端的に的をさした言葉で、いいな~って思いました。

 

相手の色を感じとる、時には相手が知らなかった色までも気づく

 色を消して、お客様の持っている色、望んでいる色を感じとる。

まずまっさらな心の状態で相手をみて、相手の状態、表情、状況、気持ちなどを汲み取ることだと思います。

 

相手が疲れてそうとか、喉が少し渇いてそうとか、お腹が空いてそうとか、また場合によっては本人が気づいてないけど、気を張っていて体は疲労していそうとか、ちょっと興奮状態だから気づかないけど休みたそうとか、相手を素直にみて、相手を知り、相手の気持ちを考えること。

これが色を消して、色を生むための準備になるんじゃないかなって思いました。

 

相手に寄り添い、そこに自分の色を添えてもてなす

相手の気持ちを考えて、して欲しいこと、望んでいることを感じとったら、そこで自分が提供できること、少し色付けして喜んでもらえることを、相手に提供する。

これが色を生むってことで、もてなすってことなんだと思いました。

相手の気持ちを尊重して、そのに邪魔にならないように自分の色を添える。

自分の色を添えたことで、より相手に喜んでもらえるようなことを提供する。

 

これってサービスだけじゃなくて、人間関係全般でとても大事なことだな~って思いました。

 

まず素直に受けて、相手を理解して、そこに自分を足して提供する。

 

そんな風にして過ごせたら、自分も嬉しくて、相手からも喜ばれる。

考えただけで、素敵な過ごし方だな~って思いました。

 

「色を消し、色を生む」心にとめて活かしていきたい言葉です。

 

まとめ

 「色を消し、色を生む」

ふと目にとまった言葉だったんですが、調べてみるととても感じるものがある言葉で、知ることが出来て良かったな~って思う言葉でした。

 

たまたま目にした、耳にした、人から聞いたとか、何気なく入ってきたものから出会う事ってたくさんありますよね。

そういった感じる心を大事にして、これからも素敵なことと出会っていきたいと思いました。

 

武田伊久子さん、素敵な言葉ありがとうございました。

 

おまけ

この記事を書きながら、何故か無性に湯飲みをイメージしていました