あるくのいまいきっ!

変わりたいと思っているあなたへ、「ダイエット」「お金のこと」「心の在り方」のことをお届け!「なりたいあなた」を応援するブログ

 

本質を忘れないと自分の思った時間をすごせる|子供の引越しで気づいた『本質』の大切さ

f:id:imaikiaruku:20180406133923j:plain

いらっしゃい、あるく(@arc_imaiki)です

 

先日、子どもが引っ越したんですが、成長したな~って思いと、寂しいな~って気持ちを味わってます

 

そのとき、子どもの引越しをとおして、『本質』(=ほんとうに大切なこと)を見失わなければ、大切な時間を思ったとおりに過ごすことが出来るんだって気づくことがありました

 

本質を忘れ、感情にまかせて行動していたら、きっと後悔と不満を残す形になったと思います

 

改めて自分の『本質』に視点をおいてすごすことの大切さを感じたので、この記事では『本質を忘れないと自分の思った時間をすごせる|子供の引越しで気づいた『本質』の大切さ』について書きます

 

感情が湧きあがって、意図してなかったり、本意ではなかった行動をとってしまうことがある、そんなあなたは参考にしてみてください

 

 はじめにあった気持ちは『楽しいひとときを過ごす』こと

 

春って別れと出会いの季節ですよね

我が家でも子供が就職して地元を離れることになりました

 

急な引越しになってしまったので、ちょうどいい期間に運んでくれる引っ越し業者がみつからず、身の回りのものを車に積んで引越し先に届けることにしました

 

このとき、子どもの元へ向かうときの気持ちって

 

『一緒に楽しいひとときを過ごす』

 

っていう思いがあって、これがこの日の僕の『本質』(ほんとうに大切なこと)でした

 

でも、思うようにいかなかったり、相手や周りの言動や行動でたくさんの感情が湧きあがって『本質』って、ふとしたことで見えなくなっちゃうんです

 

湧き上がる不満、怒り、それは相手の行動に反応した自分の感情

 

車で3~4時間、妻とちょっぴりドライブ気分を味わいつつ、子どもと楽しい時間を過ごそうって思いながら車を走らせます

 

目的地までの時間に目途もついてきて、そろそろ子供にも準備していてもらおうと連絡をとってみると・・・・

 

●何度かけても電話にでない(ぷちっ)

●LINEも読まない(ぷちっ!)

●1時間後に連絡きたら、これから向かうって(30分位かかる)(イラ)

●待てど暮らせど子供の姿は見えず(イライライライライライライラ)

●結局子どもが来たのは3時間後(ぶっちん!!!)

 

驚きの3時間待ちっ!

何ならもう一度家に帰れそうなくらいの時間

 

もう荷物玄関前に投げて帰ろうかとか

湧きあがった怒りや不満をぶつけて帰っちゃおうかとか

途中経過の連絡もないことへの不満や怒り

 

湧きあがった怒りと不満で、爆発しそうでした

 

にゃにゃっっにゃーーっ#%$$#&#!!(言葉にならない心の叫び!)

 

でも、ふと思ったんです

今湧き上がってる『怒り』や『不満』って相手(この場合は子ども)の言動や行動に反応して出てきた感情だよな、、、って

 

自分の気持ちの『本質』を大切にすることで反応した感情は消える

 

反応した感情をそのまま相手にぶつけたら、反発、言い合い、摩擦、不満、後悔といった流れになって、悔いが残るって思ったんです

 

なので相手の言動や行動にたいして反応した感情はおいといて「僕は今日どうしたかったんだっけ?」って自分の内側へ視点を変えてみました

 

そう、今日はしばらく会えなくなるから

 

『子どもと楽しいひとときを過ごしたい』

 

その気持ちが『本質』で、自分視点の大切な気持ちだって思い出しました

 

楽しいひとときを過ごすのに、不満や怒りを感情のままぶつけるのは邪魔です

お互い気分悪くなることはあっても、楽しい気持ちになんてなれるはずがありません

 

そうだよな、今日は楽しい時間を過ごしたくて来たんだから、そう思った自分の気持ちを大事にしよう、そう思いました

 

そう思うと子供の態度に反応して湧き上がってた『怒り』や『不満』といった感情には興味がなくなりました(興味がなくなったって表現がいいのかはちょっと悩むところですが、『楽しいひとときを過ごす』のにはいらないって思えました)

 

すると、子どもに伝えなきゃいけない点も、感情を抜きにして冷静に感じることができたんです

 

笑顔で過ごしたあとに湧いた気持ちは『楽しかった』

 

結局3時間を過ぎて来た子供の部屋に荷物を運び、少し足りないものをみたいというので近くのショッピングモールへ行き、一緒に食べる予定だったランチはディナーに変わったけど、楽しいひとときを過ごすことができました

 

買いものに出かけると遅くなる、とか、出来れば遅くならずに帰りたい、なんて思ったりもしたんですが『楽しいひとときを過ごすこと』だけに焦点を絞って、口にしませんでした

 

長時間待ったときに、何も連絡がなかったことは子どもが直すべき点だったので、

『予定が狂ったり時間がかかるときは、その都度相手に連絡しな』

と冷静に伝えました

 

このことで『人を待たせることは、その人の時間を奪うこと』って子供には知ってほしいし、また、待たされたことで僕自身も人の時間を奪っちゃいけないって、改めて実感することができました

 

こんな気づきも感じつつ、『楽しいひとときを』って思って過ごした時間は、子供も妻も笑っていて、そんな2人をみてると僕も『笑顔』になって、今日は楽しいな~、来てよかったな~って思える時間になりました

 

帰り際の子どもの

 

「ありがとう」

 

の言葉で、帰りの道中も気分よく満たされてすごすことが出来ちゃいました

 

子供の言葉ってすっごい力があるよね?

 

たまに『ずるい』って思っちゃうくらい、すっごい幸せな気持ちにさせてくれます

 

終わってみれば、大満足の楽しい1日になりました♪

 

まとめ

 

この記事では、相手に反応して感情がわきあがったとき、自分の内側に目を向けて『本質』を見失わないようにすることで、大切なことを見失わずにすごせるようになる、ということを書きました

 

相手や周りの言動や行動に反応して、湧き上がった感情で行動すると『こんなつもりじゃなかった』とか『こんなこと思ってなかった』といった行動になっちゃうことって、誰にでもありますよね

 

普段すごしていて、湧き上がる感情って相手や周りに反応して感じる気持ちがすごく多いって思います

 

でも、感情が湧くのには2つ種類があって

感情が湧くとき

①自分の内側から湧き上がる
②相手や周りの言動や行動から湧き上がる

 

①の自分の内側から湧く気持ちって『ほんとうに大切なこと=本質』なんじゃないかって思うんです

 

相手や周りの言動や行動に反応して、感情が湧くことはすごくたくさんあります

 

そんなとき『何がしたいんだっけ?』って、自分の内側に視点をずらしてみると『本質』に気づけたり、思い出せたりして、ほんとうに大切なことを見失わずに過ごすことができます

 

あなたにとって『ほんとうに大切なこと』を見失わないように、相手や周りに反応して感情が湧いたときは、いったん自分の内側に視点をずらして『本質』をみる、ということを試してみてください

 

生活してるといろんなことがありますが、『本質』を見失わずに幸せにすごしていけたら素敵ですよねっ♪

 

ほんとうに大切なことを大事にして、自分らしい時間をすごしましょう♪♪

 

この記事のポイント

 

f:id:imaikiaruku:20180222193037j:plain

ここがポイント

●予定が狂ったときは相手にその都度伝えよう

●相手や周りに反応して感情が湧いたときは、いったん自分の内側へ視点をずらして『本質』が何だったか考えてみよう

●本質を忘れなれば、大切にしたいと思っていた時間を過ごすことができる

 

 

●あわせて読みたい

この記事で『本当に大事なこと=本質』って書きましたが、『より少なく、しかしより良く』といった本当に大切なものに集中するって生き方は『エッセンシャル思考』という本が参考になると思います、読んだ感想を記事にしてるのであわせてご覧ください

www.arc-imaiki.com

 

今回はほんとうに大切なことを意識するのに、自分の内側へ視点をずらす話をしましたが、まず事実をみるといった視点も役立つ場面がたくさんあるので、こちらもあわせてご覧ください

www.arc-imaiki.com

 

 

『あるくのいまいきっ!』の各カテゴリーの一覧ページはこちらからどうぞにゃ~

 

また来てにゃ~♪