あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

暮らしを整える、健康、お金、生き方

今日もネットの世界にこんにちは

今日もネットの世界にただいま

 

はじめましての方も、またお越しの方も、いらっしゃいませ。

みなさんこんばんは、あるくです。

少しでも何かを届けることが出来たら嬉しいです。

 

今日は暮らしを整えるについて書きます。

 

最近ブログを書いていて、いつも心にある気持ちがありました。

 

このブログは

 

①ダイエット、筋トレのこと

②お金のこと(貯金、節約、家計管理)

③生き方(過ごし方や考え方)

 

という3つのカテゴリーを大きな柱にしてきました。

 

最近ずっと思っていたのは、これらを別々に書いてるけど、ほとんど全部繋がってない?

そんな思いがあって、整えるってことを通して繋がりが分かりやすいかな~と思ったので、この記事を書いてみました。

楽しんでいただけたら幸いです。

 

 

体(健康)を整える

健康を整えること、これは自分の過ごしたい生活習慣に健康を入れて過ごすこと。

 

きれいでいたい、格好良くなりたい、いくつになっても動ける体でいたい。

それが出来るように、食生活を見直し、運動を見直し、睡眠や休養も見直して、新しい生活習慣を作っていって、その中で暮らしていくこと。

 

それが健康を整えるってことだと思っています。

 

あるくのブログではダイエットを通して、食事や運動のことを書いています。

 

ダイエットの語源はギリシャ語のdiata:生活様式って言われています。

 

今までの生活習慣を見直すことがダイエットそのものなのかもしれません。

 

 

お金を整える

働いて、お給料を貰ってそのお金で生活したり、好きなものを買ったりして過ごす。

その使うお金にどれだけ関心を持って、気持ちと向き合って使ってるでしょう?

 

自分の使ってるお金の流れを知って、自分とお金の関係を築いていくこと。

自分が何にどうお金を使いたいのか、はっきり知ること。

使い方を知った上で、お金を思ったように流れるように整えていくこと。

 

これがお金を整えることだって思っています。

 

あるくのブログでもお金の流れ、使って交換してるもの、使うときの気持ちなどを書いています。

 

生き方を整える

 

体にコンプレックスがあったり、お金に縛られて過ごしていたり、素直な気持ちで過ごせずに、何かを通したものの見方をして生きているかもしれません。

 

体のこと、お金のことを整えて、自分と体、自分とお金の関係を知ったら、どう過ごしたいのか、何をしたいのか、素直な気持ち、心の気持ちで感じること。

 

過ごしたい、そう思った生き方が出来るように作っていくこと

 

それが生き方を整えることだと思います。

 

あるくのブログでは、素直な気持ちでみること、余計なフィルターは外すことなど心の気持ちの感じ方を書いています。

 

暮らしを整える

 

体、お金、生き方を整えて、向かいたい方へ向かって過ごしていくこと。

 

自分の気持ちを知って、それに色々なものを繋げて暮らしていくこと。

 

好き、楽しい、働く、稼ぐ、お金、生活それらが全部繋がっていく暮らし。

 

自分が選んだものを繋げていくこと、これが暮らしを整えるということだと思います。

 

まとめ

体もお金も生き方も、全部繋がってる、そんな風に思っていたので、整えるって言葉を使って書いてみたら分かりやすいかな~、そう思ってこの記事を書きました。

 

あるくの場合は、ダイエットがきっかけで、ダイエットをしていくことで体を整え、その中で健康を気にするようになって、減量が終わってからもダイエットを通して変わった生活習慣で過ごして、そしたら今度はお金に興味を持つようになり、家計管理の仕方や貯金の方法、消費、浪費、投資の違いなどを知りました。

お金の予算などを立てて計画がある程度できると、今度は家をきれいにしたいと思うようになって、掃除などもするようになりました。

 

健康、お金、生き方、何かを整えると別のことにも興味がでて、過ごし方が変わっていって、暮らし全体が整っていく、そんな風に思っています。

 

興味のあること、できることからはじめてみて、整えていくことで、自分の好きなこと、自分のしたいこと、お金を稼ぐこと、お金を流すこと、自分の心が思っていること、過ごしたいと思ってる生活、そういったものが全部繋がっていって、暮らしたい生活が送っていける、そう思っています。

 

あるくのブログでは、健康(ダイエット)、お金のこと、生き方とカテゴリーを分けていますが、どれも繋がっていくことだと思ってるので、興味が湧いたら、カテゴリーに拘らず読んでみてください。

 

ちょっとでも何かを届けることが出来たら、嬉しいです。