あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

足りないよりも、あるを感じて自分を褒めてあげる【生き方】

こんにちは、世界

今日もネットの世界にただいま

 

みなさんこんばんは、あるくです。

はじめての方も、またお越しくださった方もありがとうございます。

読んでいただいて、ちょこっとでも何かを届けることが出来たら嬉しいです。

 

今日は普段、思ったり、考えたり、しがちな思考を、別の方向からみることで楽しく過ごせるようになりましょう、なお話しです。

 

 

ない、足りない、出来ないの思考

 

普段過ごしていて思ったり感じたりする気持ちの中で、一番多く思うことって「ない」じゃないでしょうか?

 

お金がない

時間がない

夢がない

努力が足りない

配慮が足りない

することが出来ない

したいけど出来ない

 

不満がある時はもちろんのこと、好きなことや、夢中になっているときでも、

 

こうしたいけど出来ない

ああしたいけど足りない

 

今よりも、もっと出来るようになりたい、もっと上手くなりたい、もっと色んなことをしたい、そういう思いを持つときも、今はまだ○○が足りない、出来ない、って「ない」にフォーカスしがちです。

 

足りない、出来ないから届く、出来たへ変わるように頑張っていくことは、今よりももっと、もっとって上昇志向だったりするので、決して悪いことではありませんが、余り「ない」ばかりにフォーカスしていると、自分はダメだって暗くふさぎ込んでしまう場合もあるので、「ない」以外のことにも目を向けるようにしたいです。

 

 

したこと、やったことを労う

普段「ない」ことを意識しがちで過ごしていますが、毎日何かしらしたことがあります。

 

いつも通り支度をしたとか、気になるところをちょっと掃除したとか、学校や職場へ行ったとか、お昼ご飯をちゃんと食べたとか、傘を忘れずに持ち帰った、財布を忘れなかったなど、当たり前って思っていること。

 

でも、そんな当たり前だと思っていることを、今日も「出来た」、ちゃんと「した」って思って自分をよくやったねって労ってあげる。

 

自分のしたことや、やったことを労ってあげると、「うん、やれた」「した」って思えて自分が頑張ったことをきちんと感じれるようになります。

 

出来たことを褒める

 

まだ足りない、あれが出来ない、目標へは届いていなくても日々その目標へ向かって進んでいます。

その中で、ちょっとずつ出来るようになっていることもあるはずです。

「ない」にフォーカスしていると、まだ届いていないって気持ちになりますが、そこへ向かって一歩ずつ、確かに進んで行って変化は起きています。

 

出来たこと、出来るようになったことに目を向けると、意外と自分がやれてるって感じることが出来る場合も多いです。

 

出来たこと、出来るようになったことを感じて、自分をしっかり褒めてあげると、気持ちが満たされて、また活力が出て来ます。

 

何より、自分を信じて進むことが出来るようになります。

 

「ない」よりも「ある」をきちんと感じて過ごす

 

足りない、出来ないなど、自分に「ない」って気持ちよりも、やれた、出来たって自分の中に「ある」気持ちに目を向けて、頑張ったねって労ってあげて、すごい!出来るようになったって褒めてあげる、そんな風にして過ごすととても軽やかに過ごすことが出来ると思います。

 

いつも何となく「ない」の方へ気持ちが向きがちですが、自分の中に「ある」ものをきちんと感じることで、自分を認めてあげるってことも大切だと思います。

 

自分の中に「ある」ものに目を向けて、自分を認めて、労って、褒めて、それからまた軽やかに頑張る、そんな気分で過ごしたいなって思っています。

 

まとめ

今回の記事の「ない」の方へフォーカスしがちになるという気持ちは、最近のあるくのことでした。

ブログを書いててすごく楽しいのですが、でも向く気持ちは、あれが出来ない、これが足りない、もっと、もっとって渇望がすごく強くなっていって心苦しいなって感じたことがきっかけです。

 

でも、記事を書いていたり、リンクを考えてみたり、日々更新したりと、出来てること、やったこともちゃんとあるよねって思ったんです。

 

「ある」をみることで大丈夫って思えたので、ないよりもあるをみて、気持ちを軽くして楽しく過ごしていきたいなーとこの記事を書きました。

 

どなたかの参考になったら、とても嬉しいです。