あるくのいまいきっ!

変わりたいと思っているあなたへ、「ダイエット」「お金のこと」「心の在り方」のことをお届け!「なりたいあなた」を応援するブログ

【ダンベル買うならこの重さ!】10kgか20kgのダンベルを目的別で選ぶのがおすすめ

f:id:imaikiaruku:20180407140055p:plain


筋トレしてると『ダンベル』欲しくなるよね?

ダイエット生活で『筋トレ』にドハマリしちゃった僕もその1人

 

いらっしゃい、約40kg(111.0kg⇒71.3kg)のダイエットで筋トレに目覚めた、ホームトレーニーあるく(@arc_imaiki)です

 

「筋トレ楽しいっ!」

 

ってなると『ダンベル』ってすっごい魅力的な器具にみえるよね!

 

『ベンチプレス』『フライ』『ワンハンドローイング』や『デッドリフト』だってできちゃうし、『スクワット』だって適切な負荷(重さ)をかけてトレーニングできちゃいます

 

でも

「あああああ!ダンベルほしーーーっ!!!」

ってなっても悩むのがこの問題

 

今回のお悩み

●ダンベルってどの重さを買えばいい?

 

ダンベル欲しくてたまらなくても、つい足をとめちゃうのがこの問題です

 

「買うなら失敗したくない」

 

ってあなたも思ってませんか?

 

そこでこの記事では、【ダイエット目的】の場合と【ボディメイク目的】の場合、2つの目的のおすすめの重さと、僕が実際に買って使った体験を紹介します

 

「ダンベル欲しい!」と思ってるあなたに、参考にしてもらえたら嬉しいです

 

それでは『【ダンベル買うなら重さはこれ!】10kgか20kgのダンベルを目的別で選ぶのがおすすめ』はじめるよ~~

 

 

 

購入するときは【調整可能なダンベル】がおすすめ

 

【ダンベルの注意点】

●鍛える部位で扱える重量が変わる

 

胸や背中、肩や腕、筋トレして鍛えたい部位はたくさんあるけど、どれも同じ重量が扱えるわけじゃありません

 

それぞれの種目ごとにダンベルを用意しようとすると

●費用がすっごいかかる

●置くスペースもすっごく必要

になってしまいます

 

でも『調整可能なダンベル』なら

●種目ごとに重さを変えられる

●まとめてコンパクトに収納できる

ので、費用的にも置き場所的にも負担が軽くなります

 

なので、ダンベルを購入するときは『重さを調整できる』ダンベルを買いましょう

 

ここがポイント

ダンベルを買う⇒重さを調整できるダンベルを買おう!

 

 

【ダイエット目的】痩せるためには10kgのダンベル

f:id:imaikiaruku:20180407093254j:plain


 

痩せたくて筋トレするなら【10kg(片側)のダンベル】がおすすめです

 

ダイエット中の筋トレでは覚えておきたいことが1つあって

●痩せながら筋肉を増やすことはできない(例外あり)

なのでダイエット中に筋肉をつけながら痩せることはできないんです

 

僕みたいに巨漢(MAX111.0kg)からの大幅減量をするときは例外で、筋肉を増やしながら痩せることが可能です(今思えば夢のような好条件><)

 

なので、大幅減量を考えている人はこの夢のような減量に挑戦するのもいいと思います

その場合は【筋肥大目的の筋トレ】をしながらダイエットしましょう

 

筋肥大目的の筋トレについてはこちらを参考にしてください

www.arc-imaiki.com

 

なので痩せるときの筋トレは

痩せるための筋トレ

●筋肉をできるだけ減らさない

●有酸素運動とあわせて脂肪を減らす

●ダイエット後のリバウンド防止

の3つが目的になります

10kg(片側)の調整式ダンベルセットがあれば十分な負荷(重さ)をかけてトレーニングできます

 

実際、運動不足からスタートした僕は10kgのダンベルセットで約40kg痩せることができましたよ~(詳しくは後述)

 

なので、ダイエット目的でダンベルが欲しいなら『重さの調節可能な10kgのダンベルセット』を買いましょう!

 

※もともと運動経験があったり、筋肉がある方で今7~8kg×10回くらいなら余裕って場合は20kgのセットの方がいいです(途中で10kgでは物足りなくなるかもしれません)

 

 

【ボディメイク目的】筋トレ続けてからだを作るなら20kgのダンベル

f:id:imaikiaruku:20180830102622j:plain

「筋トレを継続したい」

 

そう思ってるあなたは、ボディメイクが目的でしょう

●たくましい胸
●太い腕
●引き締まったからだ
●メリハリの効いたボディライン

 

など、『なりたい』と思ってる体形があるなら、それを叶えるには、ある程度の重量まで調整できる重さのダンベルが必要です

 

20kgあれば大きな筋肉(胸、背中、下半身)から小さな筋肉(肩、腕、腹筋やふくらはぎなど)まで、全身を適正な負荷(重さ)でトレーニングすることができます

 

自宅でトレーニングを続けて『ボディメイク』していくなら、20kg(片側)の調整できるダンベルセットがおすすめです

 

※『20kgの重さでは物足りない』と思ったら、ジムや施設の利用も考えましょう

自宅で20kg以上の重さでトレーニングするには、器具を買い足して(ダンベル、バーベル、チンニングスタンドなど)本格的な設備を整える必要があります

 

 

 

ダンベル購入者の体験談【あるくの場合】

f:id:imaikiaruku:20180407122543p:plain


 

あるくとダンベルの歴史

①まずは自重(腕立て伏せは膝立ちからのスタート)

②1リットル、2リットルのペットボトルで負荷をつける

③10kgのダンベルセット購入(⇐安さで選んで失敗)

④30kgのダンベルセット購入(⇐大は小を兼ねる(使いこなせてない))⇐今ここ!

 

学生のときは運動部だったにもかかわらず、腕立て伏せすらままらない状態からの筋トレスタート

 

自重での筋トレをしてて思ったのが、

●もっと色んな種目をしてみたい!

●背中をちゃんと鍛えたい!

●ダンベルプレスしてみたい!

●ワンハンドローイングもしちゃいたい!

という、ダンベル使って筋トレしたい衝動!

 

日に日にこの気持ちは膨れ上がり、ついに10kgのダンベルセット(調整可能)を買っちゃいました

 

1回目の購入は10kgのダンベルセット(調整可能)

 

筋トレが続くかわからないから安いものを、そんな理由でドン〇ホーテで10kgの調整可能なダンベルセットを購入しました

プレートは砂がつめてあるタイプで調整可能といっても、プレート4個しかないので大まかな重さしか調整できません

 

それでも念願の『ダンベルプレス』!『ワンハンドローイング』、『ダンベルスクワット』ができるのが嬉しくて、筋トレするのがすごく楽しくなりました

 

が、、、

 

プレートが砂を詰めるタイプを買ってしまったのが失敗の原因、、悲劇は起こりました

 

使ってる内にプレートの継ぎ目に隙間ができちゃって、だんだんと砂がもれだすようになったんです(><)

 

 

砂つめタイプの悲劇

ダンベルしまっとく⇒砂さらさら(いつも掃除が必要に)

筋トレ楽しい~!⇒砂さらさら(いつも掃除が必要に!!)

運動後器具をしまう⇒部屋のあちこちに砂がっ!!(毎回掃除が必要に!!!)

 

筋トレしてても砂が気になるし、トレーニング前後に毎回掃除しなきゃいけなくなるしで、ものすっごくストレスが溜まりました

 

「もうムリ!我慢できないっ!!」

 

ストレスフリーのトレーニング環境を手に入れるため、僕は新しいダンベルセットの購入を決意しました 

 

2回目の購入は30kgのダンベルセット(調整可能)

 

この重さのダンベルセットが今もずっと愛用してる、ダンベルです

 

前回の反省をふまえ

●長く使うから金属プレート!(もう砂掃除はイヤ)

●ずっと付き合える重さ(末長くよろしくお願いします)

 

のダンベルが欲しいって思ったんだけど、またしても悩んだのが

 

『ダンベルの重さはどれくらい?問題』

 

今回はずっと筋トレつづけようって思ってたので、長く付き合える重量(重さ)ということで、20kgと30kgのセットで迷いに迷って、、

 

「大は小をかねる!!」

 

という理由で30kg(片側)のダンベルセットを購入

 

、、したんですが2018年8月現在大きな筋肉鍛えるときでも15kgの重さで足りてます(ぶわっ(TT))

 

「これ、30kgフルの重さで使う日来るの??」

 

が正直な僕の感想なので、『なりたい体形』にもよりますが、

●自宅でトレーニングしてボディメイクしたい

●細マッチョなからだを目指したい

という目的なら、20kgのダンベルセットで十分鍛えられるように思います

 

ダンベルがあると、できる筋トレ種目もすごく増えて、さらに楽しい筋トレライフを送れます

ダンベルが気になるあなたもぜひ手に入れて、筋トレライフを楽しんで『なりたい体』を目指しましょう!

 

 

ダンベル×フラットベンチは快適すぎるから揃えちゃえ!

 

置き場所や財布の状況が許すなら『ダンベル×フラットベンチ』のトレーニング環境はすご~くおすすめです!

 

ゆ~めの♪、夢の♪コラボレーション!です

 

ダンベル×フラットベンチ

●ダンベルベンチプレス

●ダンベルフライ

●ワンハンドローイング

●ダンベルショルダープレス

●クランチ

 

2つの器具が揃うと、快適にトレーニングできる種目がたくさんあるので、より筋トレを楽しむことができます

 

個人的には2つ揃うと『器具』が『神具』になるくらい快適だと思ってます

 

自宅で筋トレするなら、絶対あった方がいいと思う素敵器具なので、置き場所などの問題がないなら、ぜひ揃えてみてください!

 

僕は購入するとき、悩みに悩んでシットアップベンチを買いましたが、倒して使うことがまったくありません(^^;

なので、純粋に耐荷重の大きなフラットベンチを買う方が使い勝手がいいのかなって思ってるので、これから買うさいは参考にしてください

 

器具を揃えて、より素敵なトレーニング環境で『筋トレ』を楽しみましょう

 

筋肉は嘘をつかない、やった分だけ形にあらわれる!ファイト! 

 

 

この記事のポイント

f:id:imaikiaruku:20180222193037j:plain

ここがポイント

●ダンベルは調整可能なものを選ぼう

●ダイエットなら10kg、ボディメイクなら20kgのダンベルセット

●あわせてフラットベンチもいかが?器具が神具に変わっちゃう!

 

おわりに

というわけで、ダンベル買いたいと思ったとき誰もが悩む

 

「ダンベルの重さっていくつ??」 

 

筋力のない状態からダイエットをとおして筋トレが好きになったトレーニーあるくの意見として

●ダイエット目的なら10kg

●ボディメイク目的なら20kg

のダンベルセットをおすすめしました

 

筋トレしてるとダンベル欲しくなるけど、『ダンベル』ってあるとすっごく便利です

 

種目が増えること、負荷(重さ)を適切に調整できることって、思ってる以上に快適で楽しくトレーニングするのに必要な条件だって思います

 

ぜひ、あなたの目的にあった『ダンベル』を購入して、楽しい筋トレ生活をはじめましょう!

 

【No pain No gain】痛みなくして成長なし

 

自分に勝って『なりたい』を叶えましょう!

 

 

 

 

『あるくのいまいきっ!』の各カテゴリーの一覧ページはこちらからどうぞにゃ~

 

また来てにゃ~♪