あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【お金のこと】お金っていいもの?、悪いもの?

こんにちは、世界。

 

みなさんこんばんは、あるくです。

今日はお金っていいもの?、悪いもの?について書きます。

 

こたえ

 

 

お金はお金、いいもわるいもない

 

お金は何かと交換するための道具なので、
道具自体にいいもわるいもありません。

 

という事で今回は結論からスタートです。

 

お金が悪いと、思うわけ

 

「お代官様、どうぞ、、」

「越後屋、主も悪よの〜」

 

こういったイメージが強いのではないでしょうか?
お金を持っている人は何かズルをしてるからお金が貯まるんだ、
とか、何か悪いことをしてるからお金を持ってるんだとか
思っていませんか?

 

お金持ち=悪いことをしてる=だからお金は悪い

 

こんな考え方をする事が多いと思います。

 

あとは、

 

お金、お金、あの人はいつもお金のことばかり言っている、
だから、あの人は卑しい

 

お金のことばかりいう人は卑しい=だからお金は卑しい=お金は悪い

 

こういったお金持ちや、お金に気をかけている人に対して
負のイメージを持つ事で、結果的にお金を悪いものと
認識してるんだと思います。

 

お金がいいもの、と思うわけ

お金は色々なものと交換できます。

 

家族が病気になったとき、病院にかかることが出来たら
お金があってよかったなーって思います。

お金を治療と交換できました。

 

子供が習いたいものが出来たときに通わせる事が出来れば、
お金があってよかったって思います。

お金を教育と交換できました。

 

必要な食材や生活用品があれば暮らしていけるので、
お金があってよかったって思います。

お金を暮らしと交換できました。

 

必要なときに、必要な分のお金があると、
あってよかったって思えます。

 

必要なところへお金を使っていくと

 

お金が必要=あってよかった=あっていい=お金はいいもの

 

と感じるようになります。

 

お金を何に交換するか

 

 

はじめに書いたように、お金は何かと
交換するための道具でしかありません。

 

でも使うときは、色々な動機や理由があって、
そこに様々な感情をのせて使っています。
そんな中で自分が大事って思っていることに
お金を使っていくことで、お金ってすごく便利で、
とってもいいものだなー

 

そう思えるような使い方をして、
お金と向き合っていけたらいいなーと思います。