あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【貯金したい!】家計管理で考える3つのこと

こんにちは、世界。

 

みなさんこんばんは、あるくです。

 

家の家計を改善したい。

そう思った時に、どんな方法を考えますか?

 

まず大前提として、今の家計の状況を把握している必要があります。

 

前に今の家の状況を把握するために、まずはお金の流れを知るという記事を書きました。

今の家計の流れが分からないという方は参考にしてみて下さい。

 

 

 

今の家計を把握している状態から、改善していくには3つの方法があると思います。

 

1.使うお金を減らす

2.働いてお金を増やす

3.お金にお金を増やしてもらう

 

この3つについて書いていきたいと思います。

 

 

1.使うお金を減らす

 

家計改善と聞くと、みなさん考えるのが節約じゃないでしょうか?

電気をつけっぱなしにしないとか、使わない時はコンセントを抜くとか、水を出しっ放しにしないとか、色んな努力をされている人がいます。

でも、家族との間でうまく意識の疎通が出来てなくて、言い合いになったり、理解して貰えなかったりして、気疲れや気苦労を重ねてしまう場合があります。

そして、こういった節約は無理して頑張った割りに効果が薄い。そんな傾向にあると思います。

 

節約するなら、最初に目を向けて欲しいのは、固定費の削減です。

 

固定費の削減

 

家にかかる費用、電気や水道などの公共料金、携帯電話やスマホ、家の固定回線などの通信費、生命保険や、学資保険、車の保険など、毎月の支払いがあるもの見直すことで、大幅な削減をできる場合があります。

 

例えば、家のローンの借り換えをするとか、賃貸であれば、より手頃な物件に借り換えるなど、電気も業者を変えることで今より料金が抑えられる可能性がありますよね。

保険もいま加入している内容が、家の状況にあっているか検討して見直す必要があるかもしれません。

携帯電話やスマホは格安SIMに変えることで大幅は削減が期待できます

 

こういった、固定費の見直しは各種手続きなどが必要で面倒に思えますが、一度手続きをしてしまえば、同じ生活を送っていてもコストを削減してくれます。

日々の細かな節約に意識を向けるよりも効果があって楽なのではと思っているので、まずは固定費の削減から取り組んでみて下さい。

 

生活費の削減

 

あるくの場合はここは、過度の節約をしません。食費や日用品など必要な金額を月当たりで予算化して、それを5週で割って週単位で管理しています。

 

食費はお金だけを気にすると、かなり費用を抑えることが出来るのですが、バランスの良い食事を意識すると、それなりに費用がかかります。

それでも、人の体は食べたものから作られているので、ある程度のお金はかけるべきだと思っています。

元気で健康に過ごせた方が、病院にかからなくて済むし、薬代もかからないので結果的には良いと思っています。

 

だからといって、高級食材を買ったりすることもないです、バランスが大事だと思います。

 

5週予算なので、4週の時は1週分の予算が残って管理が楽になるって思っているんですけど、だいだいひと月の中で、予算オーバーしたりしてなくなっています。

 

もちろん改善の余地はありますが、生活費として月計上しているので、使い切っても月単位でマイナスでなければ良いことにしてます。(甘い?)

 

ここは、気を配っても余り費用対効果が大きくはならないと思っているので、ストレスのたまらない範囲で節約していくのが良いと思います。

 

2.働いて使えるお金を増やす

 

過度な節約は心が荒んできちゃうのでおすすめしません。固定費の削減と生活費の見直しをある程度行ったら、次は使えるお金を増やすことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

今、家庭が1人の収入で生活しているなら、アルバイトやパートなどをする事で、収入を増やして生計を立てることが出来ます。

 

また、現在共働きの方でもパソコンやスマホなどでちょっとした収入を得る方法はあります。

月に数千円でも今の家計にプラスして収入を得ることが出来たら助かりますよね。

 

お小遣いが月に数千円多くなるとしたら、大喜びになる方も多いんじゃないでしょうか?

(あるくは踊って喜びます)

 

収入源が多いほど、万が一の際の安心になると思います。

1つの収入源しかないと、もし何かあったらと思うと不安になりますよね。

複数の収入源があれば、多少の安心感を得ることもできます

 

収入を増やすことについても考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

3.お金にお金を増やしてもらう

 

もし、当面使う予定のないお金があるなら、そのお金にお金を増やしてもらう、そんな事を考えてみてはいかがでしょう?

 

株や投資信託、まとまったお金があれば不動産などもありますよね。

お金を元に不労所得を得る、そんな方法もあるという事を、あるくは最近まで知りませんでした。

もちろん、何をするにもリスクはあります。

でも、学んでいくことで、少しずつ自分にあったお金の増やし方が分かるようになると思っています。

 

今は預金していてもお金は増えません。

 

眠っているお金があったら、その中の余剰資金で何かをはじめてみるのもいいと思います。

あくまで余剰資金でやることをおすすめします。

何をしてもリスクが0にはならないので、そこをしっかり理解して行いましょう。

 

それと、お金にお金を増やしてもらう別の方法として、支払いをクレジットカード払いにするという方法もあります。

毎月かかる固定費、生活費、これらの支払いを可能なものはクレジット払いにすることで、年間数万円分のポイントが貯まります。

 

このポイントで買い物することが出来るので、いつもと同じ買い物をして支払い方法を変えるだけで、年間数万円(分のポイント)を増やすことができます。

使うことが決まっているお金で、お金を増やすことができます。

ただし、カードは必ず1回払いのみで使いましょう。

 

 

支払いをクレジットカードにしたときのメリット、気をつけることを書きました。

 

 

年会費無料クレジットカードについて書きました。

 

www.arc-imaiki.com

 

 

まとめ

 

今回は家計を改善したいときに考える3つのことを書きました。

 

あるくが実際行なっているのは、仕組みづくりをきちんとして、普段は予算内かどうかをチェックするだけの簡単な管理だけで過ごしています。

 

その都度、仕組みの見直しや修正はしてますが、普段は余り過度な節約をせずに、神経質になり過ぎずに管理できてるので、楽ちんです。

 

家計はそれぞれに違うので、自分にあった方法で楽に管理出来る、そんなに方法が見つかるといいなーと思います。

 

どなたかの、参考になったら幸いです。