あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【家計管理】食費の節約、まとめ買いするときに抑えておきたい4つのこと【お金のこと】

今日もネットの世界へただいま

こんにちは、世界。

 

みなさん、こんばんは、あるくです。

今日は普段のお買い物、食材について書きます。

以前、家計管理などのことを書いたときも書きましたが、あるくは食費について余り節約を考えていません。

 

体は食べたもので作られるってことと、食べたいと思ったものを食べたいって気持ちが強いからです。

 

そんな、あるくが食材を買うとき、気をつけていることを書いてみたいと思います。

 

 

まとめ買いするメリット

あるくは、一週間分の食材を週2回に分けて買うようにしています。

 

単純にお店にいく回数を減らすことで、余計なものを買う回数を減らしたいからです。

 

お店にいくと、つい欲しくなったり、お得に思えて買いたくなるものってありますもんね。

 

なので、回数を減らすことで、我慢しすぎないことと、買いすぎないことのバランスをとっています。

 

あるくの場合は、週末の買い物は夫婦で出掛け、週半ばの買い物はお嫁さんにお任せ、ってスタンスで行なっています。

 

なので、目について買っちゃうことは、あっても週一回のお楽しみになります。

もちろん、買うまでには多少の手順を踏むようにしています。

 

 

1.必要な食材を買う

まず買うのは、必要な野菜、魚肉類、缶詰や豆腐などです。(あるくはなりたい体形を目指して筋トレしているので、たんぱく質足りないかな、と思ったとき用に缶詰や納豆は欠かさないようにしています)

そこから、お弁当のおかず用の食材や果物などを選びます。

最後に調味料やドレッシングを予算内で、考えて必要なものがあれば選びます。

 

でも、必要なものっていっても、括りが大きいと入れすぎちゃうことがありますよね。

例えば魚肉類、一括りにしていますが、鶏肉、豚肉、牛肉などお肉だけでも色んな種類があります。

 

あのお肉が必要だから買う、このお肉もお得だから、買えば使うから買う、、なんてしているとあっという間に予算オーバーです。

そうならないように気をつけていることがあります。

 

2.今買ってる量を何日で使うのか意識する

買い物しているときって、必要だから、すごくお得だから、これ美味しそう、食べてみたい、など色々な気持ちになりながら、商品を選んでいます(あるくだけじゃないはずっ!、誰か同じ感覚の人います、、?います、、よねっ?)

 

すると、だいたいの場合、カートに入れすぎになっちゃいます。

昔はこのまま買うことが多かったんですが、そうすると食べきれない材料が出てきちゃうんですよね。

食材もお金も勿体ないです。

 

そこで、学習して意識するようになったのが、今、買う食材で何日過ごすのか、です。

 

あるくの場合は、週2回の買い物なのでせいぜい3〜4日間分の食材しか必要ありません。

 

なので、それを踏まえて今ある量が多いようなら、より食べたい材料、より食べたいものを残すようにして、3〜4日分に減らします。

 

今回、買えなかったのは次の機会の楽しみです。

こうやって何日分の買い物かを意識して、考えて買うようになってからは冷蔵庫にいつもたくさんの食材があるということはなくなりました。

 

買いすぎちゃうって人は、何日分の食材を買いに来てるのか?って考えてみるといいかもしれません。

 

3.予算内であればお菓子や嗜好品も買っていい

必要な分量の食材を選んで、予算内に収まりそうならお菓子や菓子パンなどを選ぶこともあります。

あるくはほとんどお菓子は食べないので、家族の分です。たまにパンを買うことはあります(たんぱく質がry、、)

どうしても、欲しいものがあったときは、食材を減らして調整できるなら調整して、出来なさそうなときは、またの機会のお楽しみにしています。

 

またのお楽しみにしておくと、買えないってストレスより、今度買えたら、これ買おうって楽しみな気持ちの方が強くて、精神的にとても楽だなって思っています。

 

4.買った食材は使い切る

買い物した後はもちろん、買った食材はきれいに使い切ること、ですね。

 

週2回の買い物だと、急に何か食べたいって思ったときや、あれが足りないって思ったときも、余り、日をおかず買いに行けるので、我慢していま作れるものを食べるって感覚はなくなります。(あるくだけ?個人差があるかもしれめせん、、)

 

食べたいと思ったものがあれば、だいたいは2〜3日すれば食べれるようになります。(予算と嫁さん次第なところはありますが、、)

 

先の楽しみって考えて、今ある食材を食べきるのも苦に感じない期間なんじゃないかなーって思います。

 

まとめ

今回はあるくの食費について、買い方や考えを書きました。

この記事を書いてて思ったのは、あるくは食費に関してほとんど、ストレスを感じずに過ごせているんだなってことです。

 

もちろん買えなかったり、諦めるものも、その時々ではあるんですが、次の楽しみって思えるくらいの期間で買えることが多いので、楽しく待ててます。

 

最初の方にも書きましたが、体は食べたものから作られています。

 

お金がだけに焦点をあてて食材を買うと、我慢がツラくなったり、健康を損ねてしまうような極端な摂生をしてしまうことなりかねません。

 

体の健康のことも考えながら、無駄な出費は減らして、無理な節約はしないよう、バランスよく取り組んでいくことが大事だと思います。

 

やりくりの仕方は人それぞれですが、楽しく取り組める方法がいいなと、あるくは思っています。

 

どなたかの参考になれば嬉しいです。