あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

あなたが、必要、知りたいと思ったところだけを選ぶという考え方

 

みなさんこんばんは、あるく(@arc_imaiki)です

 

あるくは、いつも色んな方のブログを読ませていただいているのですが、「BANK ACADEMY」というブログを書かれている、ryoheiさんの言葉が目にとまりました。

 

bank-academy.com

こちらの記事で書かれていたことで、ものすごく「はっ」と気づいたことがあったので、今日は「あなたが必要、知りたいと思ったところだけを選ぶという考え方」についてお話します。

 

 

いる、いらないの単位が「もの」だった

 

あるくは、体の断捨離(約40kgのダイエット)をしたあとに、すっきりした空間で過ごしたい、そう思うようになって、使えないものや、使わないものを断捨離して手放したことがあります。

 

それまで気にしてなかったのですが、掃除などを嫁さんと一緒にするようになって、使わないのに持っていたり、使えないのにある、ということが、掃除するときに邪魔になっていること、何気なく棚に収まってる状況が、生活に「ノイズ」のように感じる、そう思って整理しました。

 

使えるもの、必要なものだけを家におくことで、空間ができて、その、すっきりとした空間にいると、とてもおちついて、気持ちよく過ごせることに気づきました。

 

中には、手放すことで、自分の気持ちに気づくような出来事もありました。

 

でも、このとき手放した単位って「もの」でした。

 

習慣を手放して、興味のあることをはじめたはずが、時間が足りないと感じる

 

あるくが、何気なくしていた習慣、癖になっていたこと、そういったことをしっかり意識して、必要のない習慣は手放しました。

 

手放して、できた時間で、興味のあることを新しくはじめるようになりました。

はじめは出来た時間を持て余して、また何気ないことで時間を使って、埋めたりしていたのですが、それも意識して向き合うことで、あるくがしたいことに時間を使うって意識するように変わっていきました。

 

以前、このブログで「習慣をやめる!、何となくしていた12の習慣をやめて変わったこと」という記事で、何気ない習慣をやめたことを書きました。

 

自分の興味のあること、したいことに、使える時間を少しずつでも増やしていくことで、すごく充実していて楽しい、そう思っていいはずなのに、楽しいと思う気持ちと一緒に、時間が足りない、そう思う気持ちも強く感じるようになっていました。

 

そんなとき、今回のryoheiさんの記事を読みました。

 

あなたが必要だと思うこと、知りたい部分だけを分かればいい

 

ブログの中で、ryoheiさんは、月20冊くらいの本を読まれると記事の中で仰っていました。

かなり多い数を読まれるんだな~と、あるくは思ったのですが、それだけの数の本を読むコツを書かれている中で、

 

●本を最初から全部読まないこと

●目次を確りよんで、本の流れを把握

●自分が知りたい内容のみ、ピックアップして読み込む

●この本からは、自分の知りたい事が分かればいいや

 

 

 

といったことを書かれている部分がありました。

ryoheiさんの、この考え方ってすごいことだなって、あるくは衝撃を受けました。

 

本を読むって、最初から順番に読むもの、そういう思いが自然とあるくにはありました。

読みたい本があっても1冊ずつ、順番に読んでいくので、読みたくても読めない本が増えていきます。

ストーリー性のある本は、はじめから読む方が楽しいと思っていますが、ビジネスや哲学の本、お金の本などは、知りたいこと、必要な部分に絞って読むと、今得たいものはしっかりと得ることができて、余分な時間は次の行動へ使うことができます。

 

気になる部分を読んでいて、興味が湧けば、また別のところを読んだり、はじめから読み通したりすることも出来ます。

 

この、今必要な「本」ではなくて、今必要な「部分」に焦点をあてるって考え方は、すごく自分の時間を生み出すのに有効なんじゃないかなって思いました。

 

例えば、TVでドラマをみている場合でも、録画しておいて、あとでみると「必要な本編の部分」だけをしっかりみれて、CMの時間などを短縮できて、その時間を、別のしたいことに使うことができますよね。

 

普段おこなっていることも、「知りたい部分」、「必要な部分」に焦点を絞ってみると、まだまだ自分の時間って作ることができるんじゃないか、そんな風に思いました。

 

「もの」よりも、さらに「部分」に絞るっていう考え方があることを、ryoheiさんの記事を通して気づくことが出来ました

 

この考え方をとりいれて、もっと自分の時間を増やしていけたらなと思います。

 

まとめ

 

今回のことを通して、自分では気づかないけど、まだまだ決まり事みたいな、自分ルールをたくさん持って過ごしているんだなっていうことに、改めて気づきました。

 

物語が読みたい本はしっかり読み、知りたいことや、必要なことがあって読む本は、その部分に焦点を絞って読む、そんな風にして、これからのあるくの読書生活にうまく取り入れていきたいと思いました。

 

本やTV以外のことについても、「部分」に焦点をあてるっていう考え方を意識してみて、自分の時間をしっかり使いたいことに使っていこうと思います。

 

 

もし今、「時間がない」、そう思って過ごしている方がいたら、必要な部分、知りたい部分といった風に「部分」に焦点を絞る、そんな風に考えて行動してみてはいかがでしょう?

 

今までと違う考え方に気がつくことで、作れる時間はもっとあるんだと思います。