あるくのいまいきっ!

あるき始める、あるき続ける、今を積み重ねて素敵な人生を♪

【ダイエット】大幅減量成功、使っていた器具【エアロバイク、ダンベル等】

こんにちは、世界。

 

みなさん、こんばんはあるくです。

数年前に約40kgのダイエットを行いました。

おこなったことは、バランスの良い食事を心がけて、適度な運動をするといった
ダイエットの王道的なことだけです。

でもその中で、運動を行うために買ったものや、進歩を確認するために
買ったいくつかの器具や道具があります。

そこで今日は、実際ダイエットを行う際に買って使ったものについて
書いたいと思います。

 

 

ダイエットスタート時からあったもの

・体組成計

タ〇タやオ〇ロンのようなメーカーではなかったですが、家にあった体組成計を使っていました。体組成計は体重の他に、体脂肪率や筋肉量を計測することが出来ます。

 

なので、同じ体重でも体脂肪が減ってて、筋肉が増えているから体重が変わってないとか、体脂肪はほとんど減ってないのに、筋肉の減少で体重が減っている、とか現在の状態をより詳しく知ることができます。

 

あるくの場合はダイエットしていたときは、起床時、運動後、夕食後の1日3回、体組成計に乗って記録をしていました。その都度、計測することで順調なのか、修正が必要なのかを知る事ができたので、対策を考えることが出来ました。

現在は起床時と運動後のみ計測して記録はやっぱり続けています。

 

今の状態を把握して、日々の変化を知る上で体組成計はとても役立ちます。

 

 

ダイエットをはじめてから買ったもの

 

・活動量計

活動量計は小さくて、ポケットに入れたり、バッグに入れたりして持ち運ぶことができます。身長、体重、1カ月で減らしたい体重を設定すると、1日当たりの目標消費カロリー、目標達成までに必要な活動時間を表示してくれます。

 

目標カロリーと消費カロリーが表示されるので、今日はもう少し動いた方がいいかな、とか今日はもう目標達成できるから、無理はしないでおこうとか、その日、活動する上での目安として使うことが出来ます。

 

あるくの場合は、目標達成に拘った時期もありましたが、現在は1日にどれくらい消費カロリーがあるのかを知る目安として使っています。

 

取付ける金具が壊れることがありますが、あるくの場合は100均で同じような留め具を買ってつけて使用しています。

電池交換をその都度していればずっと使える気がします。

 

活動量計には、歩数計もついているので、その日の消費カロリーと歩数は記録するようにしています。1日の活動量と歩数を知ることができるので便利です。

 

※活動量計と体組成計は同じメーカーで揃えるとリンクして使うことが出来る商品もあるようです。管理するのが楽になりそうで魅力を感じます。

 

・エアロバイク

有酸素運動をはじめるにあたって、エアロバイクを行うことにしました。

 

その理由は、だいぶ太っていたので、足腰になるべく負担がかからないこと、天候に左右されずに行えること、運動する時間をさほど気にすることなく行えること、そんな条件を満たしていると思ったからです。

 

実際、エアロバイクを購入してみて、ダイエットを行っていた時は、減量するためのときは普通に使用して、減量しながらも持久力をつけたいと思ったときは、気持ちキツめの負荷に変えて行ったり、時間のないときは、全力漕ぎとゆっくり漕ぐのを交互に行うサーキットトレーニングっぽい使い方をしたりと、行いことに合わせて、使い方を上手く変えることが出来たので、使いやすい器具だと思っています。

 

あるくの購入したエアロバイクは連続使用時間30分までと表記がついていて、最初は時間が短いんじゃないかと不満に思っていたんですが、30分の中でどれだけの距離を漕ぐことができるかとか、30分の中で全力で漕ぐ時間と流して漕ぐ時間を作ろうとか、30分という縛りの中でやれることを考えて行うことが出来たので、だらだらと長時間漕ぐよりも自分には合っていたと思います。

 

エアロバイクは負担が少なく、調整しやすい器具です。

 天候に左右されることもなく、騒音もそんなに出ないので行う時間もそれほど気にする必要がありません。とても継続しやすい運動だと思うので、有酸素運動をしたいって思っている方にはおすすめの器具です。

 

・ダンベルセット

最初は自重の筋トレから行っていましたが、減量が進んで終わりに近づくにつれ(目標体重に近づく)体の見た目がなりたいと思っているものとは違ってました。

確かに痩せてて、細くはなったのですが、ガリガリすぎるというかメリハリがないというか、、そんな見た目でした。

 

それを見てもっと恰好よく痩せたい、スタイルがよくて引き締まった体型になりたい、そう思って、筋トレ比率を上げていくことを決めました。

 

最初は2リットルのペットボトルに水をいれて2kgの負荷で筋トレをはじめたのですが、慣れて回数が増えていきます。限界まで行うには時間がかかるようになり、集中力も続かなくなってくるので、調整式のダンベルを購入しました。

 最初は片側10kgずつの20kgのダンベルセットを買いましたが、今は片側30kgずつ、全部で60kgのダンベルセットを使っています。(こう書くと、高重量のトレーニングをしている感じに見えますが、実際はまだ片側12.5kgあれば足りてて、重いの買いすぎたかな~と思う所もあります。)

 

ダンベルを購入する際に大切なことは、重量の調整できるものを買うということです。

鍛える筋肉の部位によって、扱える負荷は変わってきます。

中には同じ部位でもセット毎に、負荷を調整して筋トレを行う人もいます。

その度に、重さの違うダンベルを用意するのは、金銭的にも、置き場所的にも難しいと思います。調整式のものであれば、重量を付け替える手間は必要ですが、1組あれば色んな部位に適度な負荷をかけて取り組むことが出来るようになります。

なのでダンベルを購入する際は、調整式をおすすめします。

 

・フラットベンチ

フラットベンチとダンベルがあると、色々な種目の筋トレを取り入れることが出来るようになります。あるくの場合は背中が鍛えたい、胸を効率よく鍛えたいっていう理由からベンチを購入することにしました。

ただ、購入する際、色々なベンチがあってどれを選べばいいか悩みました。

シットアップにも使えるので利便性が高いのかな~という理由でこういった商品を選びましたが、実際に購入してからシットアップに使用したことはありません。なので、普通のフラットベンチで耐荷重の重いものがいいのかな~と現在は思っています。

 フラットベンチの耐荷重は、例えばダンベルベンチプレスを行う場合、体重が70kgだとして、ダンベルが25kgずつだとしたら120kgの重さに耐える荷重が必要になります。

あるくの場合はまだずっと軽い重量で行っていますが、いずれ重いものが扱えるようになった時に、ベンチの耐荷重が足りないので買い替える、というのは簡単なことではないと思っています。(お小遣でのやりくりですっ)

なので、ある程度なりたい体型になるには、どのくらいの強度の運動が必要で、どれくらいの負荷が必要かを考えて、それよりも余裕のある耐荷重のものを買うのが良いと思います。

もっと大まかに言うと、予算の範囲内で耐荷重の高いもので、丈夫そうなのがいいと思います。

まとめ

今回はダイエットのときに使っていた器具などを紹介してみました。

現在は筋トレメインで行っているため、エアロバイクは行っていませんが、その他は購入してからずっと使用しています。エアロバイクは減量する際はまた使うと思いますし、現在はあるくの代わりに嫁さんが乗っています。

ダイエットやトレーニングをする際の器具や道具は、決して安価なものではありませんが、続けて行っていくならものすごくコストパフォーマンスのよい買い物だと思います。

自分の生活や行いたいことに合わせて、器具や道具を使用することでより効率的に運動を行うことができると思います。

 

あわせてご覧ください